【東京・永田町】紀尾井町 三谷「10ヶ月待ってようやく訪問」

スポンサーリンク
寿司(鮨)

東京・紀尾井町にある鮨屋「紀尾井町 三谷」。

誘われたのは10ヶ月前。

10ヶ月待って鮨を食う。鮨ってそう言うもんだっけ?予約困難店とは一体なんなんでしょうね。

今年から新規の予約はとってないそうです。

ここは日本一予約が取れない四谷の三谷の姉妹店。

場所は紀尾井町テラスの3階。永田町駅から来ると驚くほど歩かされる。

MAZ」や「桃の木」、「とんかつひとみ」があるフロアです。

19時に訪問すると先客がすでに食事をしている。一斉スタートではないようだ。

店員はかなり多い。サービスの方はスーツ着ている。

カウンターは席数が多く、握り手は2名。




コースはバフンウニの昆布出汁あんかけからスタート。雲丹も昆布食べてますもんね。シンプルながら一体感ある肴です。

揚げた車海老は甘味が引き出され、海老味噌も酒の当て。

きめ細かやかなメジマグロの漬け。皮だけソテーしたものでサクッとした食感と香ばしさ。

くろむつと揚げカラスミ。先から油使いますねぇ。

馬糞ウニと河豚の白子のリゾット。旨味と甘味、あともう一つ何かアクセントがあったらいいかも。

あん肝のコロッケ。おいおい、また油使ったつまみだ。この日はたまたま?

さて、ここから握り。

・墨烏賊

握り一発目はかなりの数の包丁が入った墨烏賊。

墨烏賊でこれだけ包丁入れるの珍しいですね。

個人的にはあまり包丁を入ないアプローチが好きではありますが。

鹿児島和泉の烏賊で最後の最後に一気に香りが増します。

シャリは仄かな酸味とコク。ポーションは小さめで油使ったつまみの後なのでこの位がベストか。




・白海老

いま旬の富山の白海老。

・桜鯛

3日寝かしたネットリ系。香りはそこそこ。

・赤身

この日はやま幸の下田だったか。ちゃんとヘモグロビン系の鉄っぽさと香りの存在感を放ってます。

・大トロの炙り

包丁の切り込みによってトロトロの食感を演出。

・小肌

佐賀産特有の海苔の様な香り。

・煮蛤

これは蛤の香りが強くていいですねぇ。昆布で炊いたらしいけど蛤が全面的に出てます。

・穴子

煮てから焼いたもの。かなり熱々です。

・鮪の手巻き

海苔の香りも素敵。

・玉

1時間ほどかけて火入れをしたプリンを彷彿とさせる玉子焼き。

・干瓢巻き

干瓢巻きとそれをお稲荷さんに詰めたもの。とにかく海苔の香りが印象的。

本日のお酒

ビールと熱燗を頼んでお会計は一人約40,000円。

仕事は三谷を引き継いでいるのでしょう。ただし本家に訪れたことがないで何とも言えないですがトータルお酒を飲んで楽しめる構成となっています。

サービスは流石でした。間違いなく気持ちよく過ごせる空間です。ごちそうさまでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました