【東京・門前仲町】渡辺料理店「フランス料理の魅力を広める元レカン料理長による渾身のビストロ」

スポンサーリンク
フレンチ

東京・門前仲町にあるビストロ・フレンチレストラン「渡辺料理店」。

銀座レカンの元料理長、渡邉シェフによる正統派ビストロ。

店主:渡邉幸司さん

2022年にオープンされ、今や屈指の予約困難店。

グランメゾン出身のシェフのお店だが、緊張感は無く店内は常に温かな雰囲気で満たされている。

シェフの奥様の笑顔も優しく、心の底から美味しい料理とお酒を楽しむ事が出来る。

メニューは多種多様なアラカルトとコースを用意。

8,500円のコースも魅力だがどうせならアラカルトで存分に迷させてもらうとしよう。

・北海縞エビ昆布〆 キャヴィア パプリカムース 2,800円

パプリカのムース、昆布〆の縞海老、キャビア。濃厚だけど軽やか。泡か白ワイン必須。




・盛り合わせ 4,600円

白レバームース、ブーダンノワール、ポークロースハム、パテドカンパーニュ。

ポークハムは脂が舌の温度で溶ける。酒泥棒な前菜。

・島根 岩カキ 馬肉タルタル 西洋わさび 2,500円

58°の牡蠣出汁で火入れ。上には馬肉を。

牡蠣と動物系、たまらんです。西洋山葵も香り良し。

・メヒカリ フリット 根セロリ ソース 2,000円

酸味を効かせたバターのソースとアンチョビソースの2種類。

フリットには山椒をかけて爽やかに。食感、香り、全てのバランスが完璧です。

・英国ドーバーチュルボ 平目ロースト 9,000円

ドーバー海峡(イギリスとフランスの間)の筋肉質な平目。日本の平目と全く肉質が異なります。

ブールノアゼット(焦がしバターのソース)、トマトを使った酸味のソースの2種類。

3.5キロある平目は噛むごとに旨み溢れ、濃厚なソースと絡む。




・フランス ラカン産 ピジョン小鳩 ロースト 9,500円

ソースは鳩出汁と生姜で軽やかに。緑はエスカルゴバターのソース。

付け合わせはジロール茸。

蝦夷鹿

・北海道 エゾ鹿 背肉ロースト 9,000円

赤ワインソース、フォアグラソース、トリュフソース。

夏のこの時期なのに何もよりも脂が甘い。素晴らしいの一言。

・オマール海老ビスクリゾット 5,200円

サフランリゾット、ビスクソース。

筋肉質なオマール海老の食感に香り。

誰が食べても美味いと感じる料理の数々。

本日のお酒

お会計4人で割って19,500円。

ガストロノミーの世界はごくわずかな人しか楽しむことができない。料理長まで務めた渡邊シェフの次のフェーズは、「より多くの人たちにフランス料理の魅力を伝える」ことだったと言う。

そのために敷居を下げてビストロをやり始めた。

「フランス料理って小難しくてよくわかんない。」実はこういう人に来てもらいたい。

必ずや「あ、フランス料理って美味しいじゃん」ってなるから。

この動画を観る⬇️

品川イッコーが激しく愛用する最強サプリ⬇️

Bitly

コメント

タイトルとURLをコピーしました