【東京・神谷町】SUGALABO (スガラボ)「話題の予約困難レストラン」

スポンサーリンク
イノベーティブフュージョン

東京・神谷町にあるイノベーティブレストラン「SUGALABO」。

紹介制、電話番号非公開の予約困難店です。

紹介制だから看板もないので、初見だと場所がかなりわかりづらい。

と言うかわからないです。知ってる人と来ないと辿り着けそうにない。

シェフの須賀洋介さんはあのジェエル・ロブションのお弟子さん。世界を渡り歩き、2015年にこちらをオープンさせあっという間に人気店に。

スタッフの数も多く、時より須賀シェフの厳しめな指摘が入ったりします。

料理自体はコース通してかなりのボリューム感。

特に難解なものはなく、シンプルな旨味の掛け算の皿が続きだいぶ間口は広め料理です。

随所に遊び心があり、最後の〆のウサギを描いたカレーライスまで楽しませてくれる。




素材同士の組合せの妙を楽しんだり、皿から感じとるシェフの哲学やメッセージ性と言うよりも、誰が食べてもすんなり受け入れられる食のアトラクションに乗るような感覚。

この辺は驚きたい人と、美味しい料理を食べたい人との好みが分かれそう。

以下、いただいた料理。

・フォアグラ 白トリュフ

いわゆるフォアグラプリン。

ド直球なフォアグラの旨味と白トリュフの香りでいきなり胃袋を掴みにかかります。

・岩手 秋刀魚 トマトコンフィ

秋刀魚、秋茄子、セミドライのトマトが入った熱々の春巻きを手でいただく。

旨みの秋刀魚、茄子はソースの役割、トマトの酸味とバランスよい春巻き。特に茄子は火傷注意。




・雲南省 松茸 自家製タルタルソース

須賀シェフに言われるがままに4等分に割いて、自家製のいぶりがっこ入りのタルタルを乗せて。

フリットにして香りを閉じ込めた松茸。旨いけどこれはタルタルない方が好みだ。

・多田さんの24か月熟成ベルシュウ

生ハムのトルタフリッタ。

トルタフリッタは中が空洞になった揚げパンのこと。

この生ハムがめちゃめちゃ薄くて、シルキーで香り高い。この生ハムでずっとブルゴーニュワイン飲んでいたい。

・釧路 仙鳳趾かき 千葉 紅芯大根

これはあえて大根に酸味や辛味を加えることで牡蠣のクリーミーな甘味を引き立てる王道料理。

・大分 佐伯港 かわはぎ

かわはぎとその肝を使った和食のような料理。

・薩摩牛ほほ肉 仏産セップ茸

牛のコンソメ餡はかなり旨味が濃く、味も強め。セップ茸も香りがいい。が、結構この辺りから腹がたまり始める。

・北海道 網走 釣りキンキ 愛知 祖父江 銀杏 スガラボ米

銀杏と炊いたスガラボ米は硬めに炊かれてるのにモッチリとした食感。

キンキの脂がリゾットに馴染みます。

・丹波黒鶏 仏産オマールブルー ジロール茸 トランペット

ここにきてパイ包み。

ここにきて王道のフランス料理は骨太な旨み。




・カレー

ウサギさん。苦しいっす。

・奈良 西岡農園 刀根柿 アールグレー すだち

サッパリな紅茶のジュレに柿の甘さが際立ちます。

・岐阜 中津川 新田農園 和栗 マダガスカル産カカオ

・フィナンシェ

お会計はシャンパン一杯と烏龍茶だけで約79,000円。かなりのボリュームで食べる人には最高のお店でしょう。また何かの機会に恵まれたらお邪魔したいと思います。ごちそうさまでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました