【東京・江戸川橋】三ん寅「札幌の名店すみれのDNAを継ぐ、完全無欠の味噌ラーメン。」

スポンサーリンク
ラーメン

色々あってもはやヤケになり、近くにあった味噌ラーメンの人気店「三ん寅」へ再訪。

場所は東京・江戸川橋。

札幌の言わずと知れた味噌ラーメンの名店「すみれ」の暖簾分けです。前回訪問は昨年の真夏だったっけ。お久しぶりです。

場所は江戸川橋駅よりすぐです。13時50分到着で外待ちは2名のみ。いつも長蛇の列だけど平日のこの時間は狙い目のようだ。

味噌、醤油、塩。やっぱりここに来たら味噌一択でしょう。いつか醤油や塩も食べてみたいけど。注文してからもちょいと時間がかかります。

※この動画を観るなら一番下までスクロールください




・味噌らーめん 950円

生姜がのったノーマルチャーシュー、細切れチャーシュー、葱は白と青の2種類。それと細メンマ、

分厚いラードでコーティングされた味噌スープ。湯気が立ってないが火傷しそうなほど熱を帯びてることはわかってる。

恐る恐る味わえば、油と調和した味噌の旨味、動物系の土台、生姜の風味が鼻を抜け、見事な調和を果たしている。旨いなぁ。一口目で唸る。

白味噌は2種類ブレンドしてるそうだ。

麺は札幌味噌の定番である西山製麺の特注麺。

流行りに流されない昔ながらの黄色いプリプリの縮れ麺が熱々濃厚味噌スープを持ち上げる。

油ギッシュなスープに合わせてチャーシューはしっとりホロホロと。適度な質感と旨味が舌の上で溶け出す。

細メンマは食感良く、ほんのり甘めの味付け。

ネギの風味を感じながらあらゆる具材の香りを探る。

生姜も少しづつ崩せばシャープになったスープを楽しめる。

全てが完成された味だ。

三軒目だと言うのにスープが止まらない止まらない。

最後に残ったほぐしチャーシューをスープと共にレンゲで楽しむ。

もはや中毒的な旨さである。ごちそうさまでした。

この動画を観る⬇️




コメント

タイトルとURLをコピーしました