【東京・池尻大橋】中華そば 千乃鶏「卵黄と麺の下に広がる別世界」

スポンサーリンク
ラーメン

東京・池尻大橋の人気ラーメン店「中華そば 千乃鶏」。

池尻大橋駅南口から徒歩5分ほど。

二郎系の「千里眼」系譜のブランドで、鶏清湯という二郎系とは真逆のふりきり方と思いきや、太麺で鶏清湯を腹一杯食わせてくれるガッツリ系鶏清湯というなかなかないタイプ。

強いて言えば新宿の「満来」が近いかな。

今回は久々の訪問で、夜限定メニューの「釜玉油そば」が目当て。

元タレントとお邪魔したのでその模様は私のYouTubeでご覧ください。

この動画は一番下のリンクから❗️




・チャーシュー釜玉油そば 1,200円

出てきた丼を見ると、麺と卵黄(マキシマムこいたまご)のみ。

あれ?チャーシューは?

塗られた鶏油がまた艶かしい。

とりあえず卵黄を崩し、麺に絡めてズズッと。

極太平打ち微縮れ麺はムチムチで強めの歯応え。

まずこの麺自体が美味しい。

麺をかき分ければ下にチャーシューが隠れてるというプチドッキリ。プチドッキリを店が客にやってるじゃないか。

さらに下には細かいチャーシュー、メンマ、玉ねぎ、海苔までも。なに、ちょっと楽しいじゃん。

麺を上げるとまさに別世界。

鶏油と濃いめの醤油ダレに絡めてワシワシと。

チャーシューはだいぶ分厚いのが2枚。食べ応え抜群です。

別皿に用意されたガーリックマヨネーズとフライドガーリックはお好みで。

フライドガーリックは香りはするがさほどニンニク臭強くないのでそこまで罪悪感を感じない。気のせいかもしれないが。

量もちょうど良く、あっという間にぺろっと。こういう油そばの見せ方も斬新でした。ごちそうさまでした。

この動画を観る⬇️




コメント

タイトルとURLをコピーしました